トップページに戻る
    酒類の広告審査委員会
設立趣旨・経緯と目的
委員一覧・事業報告
自主基準
ご意見等お問い合わせ

酒類の広告審査委員会トップページ > 委員一覧・事業報告

委員一覧

委員一覧

当委員会は、最終意見決定機関である審査委員会と、主に実務的観点から審議する実務者委員会から成る。

◆審査委員会

委員長 井嶋 一友 弁護士 (元最高裁判所判事、元最高検察庁次長検事)
  大木 美智子 一般財団法人消費科学センター代表理事 (国税庁中央酒類審議会委員等歴任)
  髙石 昌弘 東京医科大学客員教授 (元東京大学教授、元国立公衆衛生院長)
  田中 慶司 公益社団法人アルコール健康医学協会理事長(元厚生労働省健康局長)
  乳井 昌史 エッセイスト (元読売新聞社論説委員)

 

◆実務者委員会

委員長 宍戸 旦 マーケティングコンサルタント(元公益社団法人日本広告審査機構(JARO)参与)
  亀井 慶承 日本酒造組合中央会
  田中 潤 日本洋酒酒造組合
  手島 麻紀子 食文化研究家
  並木 茂夫 NPO法人青少年健康力サポートラボ・ジャパン
  本部 恵子 ビール酒造組合
  松本 浩明 日本蒸留酒酒造組合
  市田 浩恩 公益社団法人アルコール健康医学協会

事業報告

委員会の開催

 

◆審査委員会

(第44回)
開催日時: 令和2年7月6日(月) 14時~15時40分
開催場所: KKRホテル東京
出席者: 4名の委員出席。実務者委員会より、委員長他が状況説明のため陪席。
概 要: 1.経過報告(第42回(令和2年1月27日)の審査委員会以降の動き等)
(1) 苦情・問合せの状況
① 苦情 …0件
② 問合せ…13件
 
2.酒類広告の審査
(1)TVCFの審査
  東京をキー局とする令和2年4月27日~5月3日放映のTVCF55本について審査した。
① 注意表示について
イ) 注意表示数
違反した件数は0件であった。
ロ) 見易さ・識別可能性
注意表示が見にくいと指摘のあったCMは、6件であった。
 
② 広告の表現内容について
    表現内容について指摘はなかった。
  
③ 放映時間帯について
   令和2年4月11日~令和2年5月10日の1か月でテレビ広告を行わない時間帯(5:00~18:00)に
   放映されたCMに該当するか否かの確認を要する案件は2件であった。 
イ) 「企業イベント等を紹介するコーナーで、人気漫画とのコラボレーションという話題性から紹介されたものであり、広告及びペイドパブリシティーではない。」と関係組合より説明があり、了承された。
ロ) 「番組内での新商品の紹介で情報・素材は広告代理店を通して、テレビ局側に提供し、販売会社は内容確認をしていなかったため、番組中でTVCF15秒が放映された。この番組自体は広告やペイドパブリシティーではないものの、一般の視聴者から見て広告と誤認される可能性があり、商品画像や飲むシーンも含まれている。過去の審査委員会でも類似した指摘があったため、実務者委員会で再発防止にむけて考え方を整理するようにとの指示があった。
 
④ 上記①のロ)の及び③のロ)指摘事案については、関係組合を通じて早期の是正を求めた。
  
(2)新聞・雑誌広告の審査
  令和2年4月13日~令和2年5月12日の1か月間の新聞(朝日・読売・日経)、週刊誌(新潮・
   文春・現代・ポスト)、月刊誌(BRUTUS・オレンジページ・おとなの週末)
   計31件について審査した。
① 注意表示について
   収集案件 31件中、自主基準違反は
イ) 小広告物(100cm2未満)について
小広告物案件11件中注意表示のなかったもの0件
  
ロ) 小広告物以外について
小広告物以外案件20件中
 A)注意表示のなかったもの1件(実数1件)
 B)注意表示不足1件(実数1件)
 
② 上記指摘案件については、関係組合を通じて早期の是正を求めた。
  
 
(第43回)
開催日時: 令和2年6月29日(月)~7月2日(木)(書面審査)
議 題: 人事異動に伴う実務者委員の選任
 
(第42回)
開催日時: 令和2年1月27日(月) 15時00分~16時50分
開催場所: KKRホテル東京
出席者: 4名の委員出席。実務者委員会より、状況説明のため陪席。
概 要: 1.経過報告(第41回(令和元年7月11日)の審査委員会以降の動き等) 
(1) 苦情・問合せの状況
① 苦情 …0件
② 問合せ…23件
 
2.酒類広告の審査
(1)TVCFの審査
  東京をキー局とする令和元年10月28日~11月3日放映のTVCF44本について審査した。
① 注意表示について
イ) 注意表示数
違反した件数は0件であった。
ロ) 見易さ・識別可能性
A)注意表示が見にくいと指摘のあったCMは、11件であった。  
B)注意表示が見やすいと推奨されたCMは、3件であった。
 
② 広告の表現内容について
    表現内容についての指摘はなかった。
  
③ 放映時間帯について
   令和元年10月4日~11月3日の1か月でテレビ広告を行わない時間帯に放映された映像で、
    CMか否かの確認を要する案件は0件であった。
④ 上記①のロ)のA)事案については、関係組合を通じて早期の是正を求めた。
  
(2)新聞・雑誌広告の審査
  令和元年10月4日~11月3日1か月の新聞(朝日・読売・日経)、週刊誌(新潮・
   文春・現代・ポスト)、月刊誌(BRUTUS・オレンジページ・おとなの週末)
   計67件について審査した。
① 注意表示について
   収集案件 67件中、自主基準違反は
イ) 小広告物(100cm2未満)について
小広告物案件26件中注意表示のなかったもの1件(実数1件)
  
ロ) 小広告物以外について
小広告物以外案件41件中
 A)注意表示のなかったもの1件(実数1件)
 B)注意表示の足りなかったもの0件
 
② 上記指摘事案については、関係組合を通じて早期の是正を求めた。
  
3.ノンアルコール飲料のTVCFの審査
    東京をキー局とする令和元年10月28日~11月3日放映のTVCF2本について、
     自主基準上問題はなかった
 
(第41回)
開催日時: 令和元年7月11日(木) 15時~16時15分
開催場所: KKRホテル東京
出席者: 5名の委員全員出席。実務者委員会より、委員長他が状況説明のため陪席。
概 要: 1.経過報告(第40回(平成31年1月22日)の審査委員会以降の動き等) 
(1) 苦情・問合せの状況
① 苦情 …0件
② 問合せ…26件
 
2.酒類広告の審査
(1)TVCFの審査
  東京をキー局とする令和元年5月6日~5月12日放映のTVCF45本について審査した。
① 注意表示について
イ) 注意表示数
違反した件数は0件であった。
ロ) 見易さ・識別可能性
注意表示が見にくいと指摘のあったCMは、12件であった。
 
② 広告の表現内容について
    「スポーツ中の飲酒と受け止められる可能性があり、不適切ではないか」との
  指摘のあったCMが2件あった。
  
③ 放映時間帯について
   平成31年4月13日~令和元年5月12日の1か月でテレビ広告を行わない時間帯に放映された
  CMは0件であった。 
④ 上記①のロ)の及び②の指摘事案については、関係組合を通じて早期の是正を求めた。
  
(2) 新聞・雑誌広告の審査
   平成31年4月13日~令和元年5月12日の1か月の新聞(朝日・読売・日経)、週刊誌
  (新潮・文春・現代・ポスト)、月刊誌(BRUTUS・オレンジページ・おとなの週末)
   計63件について審査した。
① 注意表示について
   収集案件 63件中、自主基準違反は
イ) 小広告物(100cm2未満)について
小広告物案件31件中注意表示のなかったもの1件(実数1件)
  
ロ) 小広告物以外について
小広告物以外案件32件中
 A)注意表示のなかったもの1件(実数1件)
 B)注意表示不足1件(実数1件)
 
② 上記指摘事案については、関係組合を通じて早期の是正を求めた。
  
(第40回)
開催日時: 平成31年1月22日(火) 15時00分~16時20分
開催場所: KKRホテル東京
出席者: 5名の委員全員出席。実務者委員会より、委員長他が状況説明のため陪席。
概 要: 1.経過報告(第38回(平成30年7月17日)の審査委員会以降の動き等) 
(1) 苦情・問合せの状況
① 苦情 …0件
② 問合せ…13件
 
2.酒類広告の審査
(1)TVCFの審査
  東京をキー局とする平成30年11月6日~11月12日放映のTVCF39本について審査した。
① 注意表示について
イ) 注意表示数
違反した件数は0件であった。
ロ) 見易さ・識別可能性
A)注意表示が見にくいと指摘のあったCMは、11件であった。
B)注意表示が見やすいと推奨されたCMは、4件であった。
 
② 広告の表現内容について
    「時系列で考えると、スポーツ中の飲酒と受け止められる可能性があり、
    不適切ではないか」との指摘のあったCMが2件あった。
  
③ 放映時間帯について
   平成30年10月13日~11月12日の1か月でテレビ広告を行わない時間帯に放映された映像で、
  CMか否かの確認を要する案件は1件であった。
  「番組内の企業イベント等を紹介するコーナーで、商品発表会&新CM発表会の様子がニュースとして取り上げられたものであり、広告及びペイドパブリシティではない。
 しかしながら、今回の案件についてはCMの一部が無音とは言え含まれており、視聴者の誤認につながる可能性もあることから、広告会社を通じテレビ局に対し、「広告素材を使用した番組制作画像に関しても、自主基準においてテレビ広告を行わないこととなっている時間帯には使用しないよう」申し入れをした。関係部署内においても、上記内容を周知し、徹底する。
 また、加盟社に対しても社内において同様の対応をとるよう働きかけを行った。」と関係組合より説明があり、了承された。
④ 上記①のロ)のA)及び②の事案については、関係組合を通じて早期の是正を求めた。
  
(2) 新聞・雑誌広告の審査
   平成30年10月15日~11月14日1か月の新聞(朝日・読売・日経)、週刊誌
  (新潮・文春・現代・ポスト)、月刊誌(BRUTUS・オレンジページ・おとなの週末)
   計80件について審査した。
① 注意表示について
   収集案件 80件中、自主基準違反は
イ) 小広告物(100cm2未満)について
小広告物案件26件中注意表示のなかったもの0件
  
ロ) 小広告物以外について
小広告物以外案件54件中
 A)注意表示のなかったもの0件
 B)注意表示の足りなかったもの5件(実数3件)
 
② 上記指摘事案については、関係組合を通じて早期の是正を求めた。
  
3.ノンアルコール飲料のTVCFの審査  
  東京をキー局とする平成30年11月6日~12日放映のTVCF3本について、自主基準上問題はなかった。
 
(第39回)
開催日時: 平成30年11月15日~12月7日 (書面審査)
議題: 改選期に伴う審査委員会委員再任と実務者委員会委員選任
   
(第38回)
開催日時: 平成30年7月17日(火)14時~15時20分
開催場所: KKRホテル東京
出席者: 5名の委員全員出席。実務者委員会より、委員長他が状況説明のため陪席。
概 要: 1.経過報告(前回(平成30年1月23日)の審査委員会以降の動き等)
(1) 苦情・問合せの状況
① 苦情 …0件
② 問合せ…17件
 
2.酒類広告の審査
(1)TVCFの審査
  東京をキー局とする平成30年5月6日~5月12日放映のTVCF59本について審査した。
① 注意表示について
イ) 注意表示数
違反した件数は0件であった。
ロ) 見易さ・識別可能性
A)注意表示が見にくいと指摘のあったCMは、12件であった。
B)注意表示が見やすいと推奨されたCMは、3件であった。
 
② 広告の表現内容について
    表現内容についての指摘はなかった。
  
③ 放映時間帯について
   平成30年4月13日~5月12日の1か月でテレビ広告を行わない時間帯に放映された映像で、
  CMか否かの確認を要する案件は3件であった。
  「企業のイベント等を紹介するコーナーで、2件ともイベントの様子が、ニュースとして取り上げられたものであり、広告及びペイドパブリシティではないので問題はない。」と関係組合より説明があった。また、他の1件についても同様の説明が関係組合からあり、全て了承された
  
④ 上記①のロ)のA)の指摘事案については、関係組合を通じて早期の是正を求めた。
  
(2) 新聞・雑誌広告の審査
   平成30年4月14日~5月16日の1か月間の新聞(朝日・読売・日経)、週刊誌
  (新潮・文春・現代・ポスト)、月刊誌(BRUTUS・オレンジページ・おとなの週末)
   計63件について審査した。
① 注意表示について
   収集案件 63件中、自主基準違反は
イ) 小広告物(100cm2未満)について
小広告物案件26件中注意表示のなかったもの2件(実数2件)
  
ロ) 小広告物以外について
小広告物以外案件37件中
 A)注意表示のなかったもの1件(実数1件)
 B)注意表示不足4件(実数4件)
 
② 上記指摘事案については、関係組合を通じて早期の是正を求めた。
  
(第37回)
開催日時: 平成30年1月23日(火)15時20分~16時40分
開催場所: KKRホテル東京
出席者: 5名の委員全員出席。実務者委員会より、委員長他が状況説明のため陪席。
概 要: 1.経過報告(前回(平成29年7月10日)の審査委員会以降の動き等)
(1) 苦情・問合せの状況
① 苦情 …0件
② 問合せ…32件
 
2.酒類広告の審査
(1)TVCFの審査
東京をキー局とする平成29年10月29日~11月4日放映のTVCF55本について審査した。
①注意表示について
イ) 注意表示数
違反したCMは、0件であった。
ロ) 見易さ・識別可能性
注意表示が見にくいと指摘のあったCMは、16件であった。
 
②広告の表現内容について
   「不適切な状況での飲酒を誘発する表現ではないか」との指摘のあったCMが1件あった。
  
③ 放映時間帯について
   平成29年10月16日~11月15日の1か月でテレビ広告を行わない時間帯に放映されたCMは、
   1件であった。
  「番組内の企業イベント等を紹介するコーナーで、商品発表会&新CM発表会の様子がニュースとして取り上げられたものであり、広告及びペイドパブリシティではない。ニュースとして取り上げられたものであり問題ない。」と関係組合より説明があり了承された。
④上記①のロ)及び②の事案については、関係組合を通じて早期の是正を求めた
  
(2) 新聞・雑誌広告の審査
   平成29年10月16日~11月15日1か月間の新聞(朝日・読売・日経)、週刊誌(新潮・
   文春・現代・ポスト)、月刊誌(BRUTUS・オレンジページ・東京カレンダー)
   計84件について審査した。
①注意表示について
 収集案件 84件中、自主基準違反は
イ) 小広告物(100cm2未満)について
小広告物案件28件中注意表示がなかったもの4件(実数1件)
  
ロ) 小広告物以外について
小広告物以外案件56件中
 A)注意表示のなかったもの1件(実数1件)
 B)注意表示の足りなかったもの11件(実数3件)
 
② 上記指摘事案については、関係組合を通じて早期の是正を求めた。
   
3.ノンアルコール飲料のTVCFの審査  
  東京をキー局とする平成29年10月29日~11月4日放映のTVCF3本について、自主基準上問題はなかった。
 
 

◆実務者委員会

(第35回)
日 時 令和2年6月8日(月)
場 所 各委員への資料送付による審査実施
出席者 8名の委員
議 題 1. 経過報告
    2. 酒類広告の審査
(1) TVCF
(2) 新聞・雑誌
    3. その他
       
(第34回)
日 時 令和元年12月6日(金)14時00分~15時05分
場 所 公益社団法人アルコール健康医学協会
出席者 8名の委員出席
議 題 1. 経過報告
    2. 酒類広告の審査
(1) TVCF
(2) 新聞・雑誌
    3. ノンアルコール飲料のTVCFの審査
    4. その他
       
(第33回)
日 時 令和元年6月11日(火)13時30分~14時30分
場 所 公益社団法人アルコール健康医学協会
出席者 7名の委員出席
議 題 1. 経過報告
    2. 酒類広告の審査
(1) TVCF
(2) 新聞・雑誌
    3. その他
       
(第32回)
日 時 平成30年12月17日(月)14:00 ~ 15:20
場 所 公益社団法人アルコール健康医学協会
出席者 7名の委員出席
議 題 1. 経過報告
    2. 酒類広告の審査
(1) TVCF
(2) 新聞・雑誌
    3. ノンアルコール飲料のTVCFの審査
    4. その他
       
(第31回)
日 時 平成30年6月14日(木)15時~16時35分
場 所 公益社団法人アルコール健康医学協会
出席者 6名の委員出席
議 題 1. 経過報告
    2. 酒類広告の審査
(1) TVCF
(2) 新聞・雑誌
    3. その他
       
(第30回)
日 時 平成29年12月14日(木)15:00~16:50
場 所 公益社団法人アルコール健康医学協会
出席者 6名の委員出席
議 題 1. 経過報告
    2. 酒類広告の審査
(1) TVCF
(2) 新聞・雑誌
    3. ノンアルコール飲料のTVCFの審査
    4. その他
       
ページの先頭へ戻る